クロスパートナーズ 葬儀コンシェル

家族葬とは

お葬式 家族葬とは

家族葬とは?

家族葬にはニュアンス的な意味合いは認識されていても、明確な意味は特に定義はされていません。

ニュアンス的な意味として一般的には、親族・家族・親しい友人や知人だけを呼んで行う葬儀形式と言えます。

家族葬に呼ぶ側の気持ち

家族葬を用意する側の家族葬の選択には、何らかの理由や意図・事情があり、故人の希望などを汲んだ結果であることがほとんどです。

ですので、参列する側というのも配慮が必要と言われています。

呼ばれていない家族葬に参列することは控えた方が良いでしょう。

逆に、呼ばない家族葬に案内を出すことも控えるべきと言えるでしょう。

密葬との違いとは?

家族葬と密葬は親しい人を呼ぶことから同じと思われがちですが、密葬は、家族葬と違いその後に本葬と呼ばれる一般葬儀を執り行う事が多いといえます。

角界の著名人の方などの葬儀を行う際には、大勢の参列者が予想される場合に用いられる葬儀スタイルです。

内容的には家族葬と同じような目的で行われる密葬ですが、本葬を行う点などの相違点があると言えます。

【関連記事】

家族葬 通夜
家族葬は、遺族や故人の事情などで少人数・近しい関係だけで執り行う事が多いです。 故人から見て、3~4親等程の方や、親しかった4人程度の友人だけで執り行いたいという葬儀の形式です。 お世話になった方だからといってお通夜に行くのはマナー...
タイトルとURLをコピーしました